MENU

専業主婦でもカードローンでお金を借りられる?

専業主婦でもお金が借りれるのか悩む方が多いようです。
普通に考えればお金を貸して儲けを出すには、貸したお金に利息を加えて返してもらうことが前提です。
つまり返済能力がない専業主婦には貸せないということになります。
カードローンを申し込んだときに審査があるのはそのせいですね。

 

家事に専念している専業主婦は収入がありませんので、返済能力があるとはいえないですよね。
専業主婦はカードローンを利用できないのでしょうか。

 

いえ、専業主婦が申し込めるカードローンがあるのです。

 

それは家計を旦那さんと一緒にしているため旦那さんの収入を返済に充てられると考えられるからです。
実際にお金を管理しているのは奥さんのケースが多く、生活費の不足を一時的に補てんするためにカードローンを利用することは有効な使い方といえるでしょう。

 

 

専業主婦がカードローンを使う時に立ちはだかる総量規制の壁

 

貸金業の業務について定めた貸金業法という法律のなかで「借り入れ総額は年収の3分の1まで」という総量規制があります。
このために本人の収入がない専業主婦は貸金業法の対象となる消費者金融などからは借り入れをすることができません。

 

専業主婦がお金を借りる場合は、銀行のカードローンなどに申し込みをすると良いでしょう。

専業主婦がすべき銀行カードローンの選び方

専業主婦でも借りれる銀行カードローンはたくさんあるのでどれにしようか迷ってしまいますね。専業主婦が銀行カードローンを選ぶ時のポイントになる点について解説したいと思います。

 

申し込み条件を確認する

基本的なことですが、専業主婦でも借りれるカードローンであるかどうかを確認してください。「主婦でも借りれる」となっていても、仕事を持つ主婦のことであって専主婦は含まれない場合があります。専業主婦では借りれないカードローンに申し込んで審査に落ちてしまえば、自分の信用情報に無駄に不利な記録を残すことになるので、注意してくださいね。また、逆にカードローンのトップページに専業主婦でも借りれると書いていなくても「よくある質問」や「商品詳細説明」などを見ると専業主婦でも借りれると書いてあることもあります。ですから、公式サイトの隅々までよく見てから申し込んでくださいね。

 

金利が低いかどうか

銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いですが、銀行によって金利にはばらつきがあります。専業主婦に適用される金利が年率13%台とうところもあれば、年率18%と消費者金融と変わらないところもあります。専業主婦は自分に収入がないので家計をやりくりしての返済になると思いますが、そうなると金利が高いカードローンを利用してしまうと返済が大変になります。もし、返済ができなくなったら大変ですね。ご主人に内緒で借りている場合はなおのこと大変なことになります。それで、銀行カードローンを選ぶ時には金利はどれくらいなのか必ずチェックしてください。

 

毎月の返済額はいくらか

毎月の返済額は銀行によって異なります。月々2,000円〜というところもあれば、3,000円〜あるいは10,000円〜というところもあります。専業主婦は家計をやりくりしながらの返済なので、毎月の返済額が少ない方が負担がありませんね。それで、毎月の最低返済額がいくらなのかも確認してください。ただ、最低返済額が2,000円だとしても毎月2,000円だけ支払っているとなかなか完済できません。返済期間が長くなればそれだけ利息負担も大きくなります。それで、余裕があるときには1,000円でも2,000円でも多く返済しておくのがいいと思います。